一般的なはじめたばかりの人向けの外為取引の雑誌では、「損失を被ったケースではナンピン買いをすることで、全体の平均の価格を下げる」等書かれていますが正直ここには相当のリスクが潜んでいます。とりあえず、ナンピンの理屈に関して手短に記述します。仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。$(ドル)買いですから円安になるほど黒字が出るわけですが、運悪く1ドル95円まで円高ドル安方向に進んだとします。その場合保持し続けたとしたら損失が戻るためには5円分、円安に向わなければなりません。誰でも、損はなるべく早くリカバリしたいと考えるでしょう。この状況を乗り切るためはじめに取引したのと同じ額のドルを、1ドルを95円で買います。すると、ポジションの価格は1ドル=97.50銭まで下げることができます2円50銭の幅で円安が進行すればマイナスを回復できる。それが、ナンピンの原理です。ナンピンの理屈を耳にすると、「確かに」という考えになるが、為替相場はそう簡単には思うようにはいきません。1ドル=95円が下値だということなど誰も分かるわけがありません。例として、市場がかなり強い円高ドル安の流れだとすれば、1ドル=95円ではとまらずさらに一層ドル安に進む危険性が高くなります。ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピンをしたにもかかわらず1ドル=95円までドル安に向ったらナンピン買いを入れた分についても、マイナスが生まれます。その状況では、初めに売買したドルと合計で、ダブルでマイナスが生まれます。それゆえ、ナンピンは難解です。ならば、為替相場が自分自身の脚本とは反対の方向にどんどん進んでしまった場合どういった対策で危険の確率をコントロールすればいいのでしょうか。取るべき方法は2つ。まずひとつめはあきらめてポジションを閉じる事です。もうひとつの方法としては現在、持っているポジションを縮小することで、もう一回外国為替市場が戻るのを大人しく待ち望む事だけです。ずいぶん控えめな対策だとみる投資家もいるkもしれません。けれども、自分の持っているポジションに損失が生まれた場合一番有効な方法はこれ以上のものは期待できない。確かに、理論としてはナンピン買いをする手法もあるように思えます。けれどもナンピンはあなた自身が損失を披っているにもかかわらずポジションを整理するどころかポジションを積み増していく手法です。この対策では、危険をコントロールすることなど、どこをどうやってもやりようがないと思ったほうかいいだろう。ナンピンを続ければいつかは損失が回復するかもしれません。けれども、それ以前に投資資金は無くなってしまいます。